今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

フェイクニュースか判別してくれるChrome拡張のCivikOwl

こんばんわ、太っちょ太っちょです。

 トランプ大統領がきっかけになって認知されるようになった単語にフェイクニュースがあると思う。
 この記事で紹介するCivikOwlはChrome拡張で、今見ている記事がフェイクニュース化そうでないかを赤・黄・緑の信号機の色に例えて表示してくれる。

実際の動作画面はこちら

 アメリカの人は新聞社とかの信頼度が比較的高いサイトで記事を読むんじゃなくて、Facebookとかのフィードで確認しているみたい。
 でもニュースフィードって自分から登録するから共和党寄りの思想を持った人は右翼、民主党寄りの思想を持った人は左翼の偏った情報にばかり触れることになるよね😕😕 それで引き起こされる弊害をなくそうとしているのがこのCivikOwlなんだ。

 Pew Researchの最新調査によると、62%の人々はニュースをソーシャルメディアから得ている。うち18%は非常に頻繁に。予想通り、最大のソーシャルメディア情報源はFacebookだ。

 回答者のうち2ヵ所以上のサイトからニュースを取得していたのは、わずか1/4、3ヵ所以上のプラットフォームでニュースを読んでいるのはわずか10%で、重複はわずかだった。


 CivikOwlはChrome拡張だけど、facebookにもアイコンが出てきて、すぐにそのニュースが嘘か本当かの信頼度を簡単い知らべることが出来るよ。

このChrome拡張の凄いのは、見てる記事について、左翼・右翼のそれぞれの視点でより評価されている記事をサジェスト(候補表示)してくれるところ

海外の記事をよく見る人は嘘ニュースを翻訳して世の中を混乱させないようにこのChrome拡張を入れておきましょう😊😛

CivikOwl - Chrome ウェブストア

このChrome拡張を入れると英語のニュース記事を見るとフェイクニュースか否か判定が出来ます。さらに左翼・右翼の双方で評価されている関連記事のサジェスト機能や、facebookへの統合機能もあります。

via GIPHY