今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

トランプ大統領、屑っぷりを元側近にばらされる

こんばんわ、太っちょ太っちょです。

 トランプ大統領、就任したら少しはまともになるのかなって期待があったみたいだけど、全く駄目だね。 元側近がテレビに映らない彼の実像を書籍で告発したみたいで、それが記事になっていた。

 12/5日、ルワンダウスキー氏とボッシー氏が執筆したトランプ氏との仕事の経験や同氏と側近たちとの関係などに関する書籍「Let Trump Be Trump(トランプはトランプらしく)」が発売された。 

 両氏は著書の中で、「遅かれ早かれトランプ氏のために働く人はなぜこの仕事を引き受けたのかと疑問に思い始めるようなトランプ氏の側面を目にする」と指摘し、両氏共に「トランプ氏の飛行機からパラシュートで飛び降りたくなった」瞬間があったが、その後、慣れたと語っている。


 日本だと政権に都合がよくない書籍が謎の組織によって買占めされて、流通妨害されるみたいだけど、先進国のアメリカではそれは起きていないようだね。
 まぁ、大統領がフェイクニュースって自分の気に入らない情報を遮断してるから関係ないんだろうね。
 

 トランプ氏の主な食事は、ファーストフード、フライドチキン、ピザ、ダイエットコーラだという。
 またルワンダウスキー氏とボッシー氏は、トランプ氏は幹部らをよく怒鳴りつけ、彼らの弱さを大目に見ることはせずに、去ることをすぐに提案すると主張している。

独裁国家の大統領並みにおかしな大統領の全貌がこちらで読めます。

早く翻訳版がkindleで出ないかなー

翻訳されても謎の組織が買占めして流通妨害するんだろうなあ

Let Trump Be Trump: The Inside Story of His Rise to the Presidency (English Edition)

トランプ陣営の元参謀がトランプ氏との仕事について語る 「側近を怒鳴りつけ、ファーストフードを食べている」 - Sputnik 日本

米大統領選挙のトランプ陣営の参謀だったコーリー・ ルワンダウスキー氏とデイビッド・ボッシー氏はその著書の中で、ドナルド・トランプ氏と仕事する難しさについて語った。ワシントン・ポスト紙が報じた。