今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

東京オリンピックを控えホームレスを排除、海外ジャーナリストが明らかにする問題

こんばんわ、太っちょ太っちょです。

 
 オリンピックを前にして、ホームレスを排除する動きがやっぱりあったんだね。 それを明らかにしてくれた海外のジャーナリスト。日本メディアへの痛切な批判もほんまにそうやねって共感できる。

 マイケルさんは現在、渋谷と山谷でドキュメンタリー取材を続ける。再来年に迫ったオリンピックに向けて東京都が「野宿者隠し」をするのに備えているのだ。  
 北京やリオのオリンピックではストリートチルドレンが街から消え、スラムも隠された。  「東京都が隠そうとしても無理ですね。ウソがばれます」。マイケルさんはシニカルな笑いを浮かべながら言った。
 日本のマスコミはことごとくオリンピック組織委員会に組み込まれた。オリンピックが持つ負の側面を報道できるわけがない。

日本は内側からは変わらないから、外側から変えてほしいね。

恥ずかしい話じゃが、海外の人に問題点を発信してもらって、それを放置していた恥が明らかにされんと変わらん気がするのー

元の記事はこちら:

【オリンピックと野宿者隠し】 東京都のウソを撮るカナダ人ドキュメンタリスト

マイケル・ゴールドバーグさん。「カメラ嫌いの人がいるから簡単に撮れないね」と言いながらも最前線でビデオを回す。=2日、渋谷区役所前(美竹公園) 撮影:筆者= 宮下公園を追われた野宿者たちが越年を続ける渋谷区役所前。「撮影NG」の現場でビデオカメラをガンガン回す

マイケル・ゴールドバーグ Michael GOLDBERGの略歴はこちら