今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

日本にも欲しい!夜、幻想的に光るオランダの自転車道 Van Gogh Path

こんばんわ、太っちょ太っちょです。

 オランダが自転車大国なのは知ってるよね? えっ!知らないの?まじか。オランダと言えば自転車、自転車と言えばオランダとってオランダ政府観光局がアピールするくらいの自転車の国なのに知らないのか。じゃ、明日からママチャリ乗るの禁止ね。
 ロードバイクのみ許す。お買い物もそれで。 (参考までにwikipediaのリンク貼るね:オランダの自転車交通

 でね、そんな自転車大国のオランダで、夜に幻想的に光る自転車道が作られたの。名前はVan Gogh Path。 凄く綺麗だったから、知ってもらいたくて記事にしたよ。

ゴッホの絵をモチーフにした、サステナブルな自転車道「Van Gogh Path」 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

The Starry Night(星月夜)は、ゴッホがフランスの精神病院で療養していたときに描いた作品だ。ゴッホはこれを描いた翌年の1890年に亡くなっている。まさに晩年の作品だ。彼はこう語ったらしい。「星は私を夢へと誘う。電車に乗って目的地に行くように、私達は死んで星となる」 そんな幻想的で哀しくもある作品をテ

 この自転車道のどこがサステナブルなのか。
 Van Gogh Pathは星を連想させる数千もの煌く石からできているが、この石は日中の太陽光で充電し、夜になると発光する蛍光塗料を塗られた特別な石だ。

 そのため、道を光らせるのに余計な電力を使う必要が無く環境に優しい。夜道を足元から照らしてくれるので、夜のサイクリストも安全に走行できる。そしてロマンもある。


 夜の道ってくらいからつまづいたりするんだよね。歳のせいもあるけど😛😛😛 
 
 こういうシンプルで綺麗な仕組みを、アートを街中で 感じられると生活の豊かさを感じられるよね。
 日本でも 絵灯籠っていう美しい街灯があるんだから、LEDを使うにしても、絵灯籠で表現するとかしたら綺麗なのに、工夫がないよね。

 絵灯籠で夜の歩道を照らす街があったら海外Youたちは大喜びするだろうな。

切り絵灯籠