今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

悲しいね、子育てがしにくい日本

待機児童問題が大変なのは知っていたけど、入園できた親御さんとそうでない人との間で軋轢が生まれていることまでは知らなかった。

フリーランスで働いていたら、保育園へ子供を不正に預けていると投書があった

大泉さんの記事から抜粋

わたしが住んでいる区は、0歳児入所でも結構な激戦だが、1歳ともなるとさらにその熾烈さは加速する。「保育園に入れたければ、0歳からのほうが圧倒的に入れやすい」と先輩ママの誰に聞いてもそう言っていた。

ブログに保活に成功したこと、そして、どのような保活を行ったかというエントリーを投稿していた。それは、保活中「親がフリーランスだと、保育園入所が不利」という話を耳にしたので、フリーランスであっても成功した例を伝えることで、翌年度以降、同じ立場の保活ママに、少しでも役立てたらという気持ちからだった。しかし、今回は、その老婆心が仇になった形だ。

フリーランスで働いていたら、保育園へ子供を不正に預けていると投書があった

 

自営業やフリーランスだと優先順位が落ちるだね。育休を取らせない違法企業(ブラック企業)もあるけど、ちゃんとした会社なら育休を取らせるから会社員の方がまだ都合がつくと思う。自営業はそんな制度もないわけで、それなのに優先順位が低いとなったら辛いよね ふざけんな世田谷!自営業を保育園に入れろ!

記事を読んで考えたら、そもそも、子供にとって親とずっといる事がいいことなのなの?って思った。働かないといけない両親のための幼稚園・保育園ととらえないで、子供が他の友達に出会えること、バランスのとれた食事・遊び・幼児教育をとれる、親のストレスが減るって考えたら全員を幼稚園・保育園に入れるようようにすべきだじゃない...

そうだ、専門家のオギ先生はどんな意見なんだろうって思ってブログ検索したらこんな感じでした。おぎ先生さすがだわ、暗い気持ちが尾木ママみたら逃げ出していった :P

尾木直樹(尾木ママ)『大いに子育ての弱音』

大いに子育ての弱音を吐こう!って全国のママさんに呼びかけたいですね...