今週気づいたこと

見て読んで知ったことをれづれなるままに

地方の電車があまりに不採算で唖然とした。

こんばんわ、太っちょ太っちょです。

 電車オタクじゃないから、電車に対しての興味はないの。でも、伊集院光の深夜の馬鹿力でアシスタント(構成作家)の鉄道オタク渡辺くんの様子を 見ているとてっちゃんってなんとなく愛すべき存在だなとは思ってる。
 そんな鉄ちゃんとは意見が合わないと思うけど、下の記事タイトルを見て、 あまりに採算が合わない路線は廃線進めないと生産性の向上なんてずっと無理だよって思った話を記事にします。

「100円稼ぐのに10万円も掛かる路線」がある | 鉄道ビジネス | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

100円の収入を上げるために要した費用を示す指標である営業係数は、JR各社全体の数値までは公表されたデータから導き出せる。さらに各路線の営業係数を試算するには、収入と費用とを一定の考え方によって分配すれ…

本文読んだけど、疲れちゃったから引用は止めるね。

ええねんで。気持ちわかる。電車の記事って細かいからな

はてな村民の声

 リベラルなはてな村民が何と言ってるか気になった。企業の公器としての役割を果たせ派なのか、生産性向上を考えて廃線進めるべきだよ派なのか? って思ったらあんまりコメントがない。
 はてなは鉄ちゃんの割合少ないのかな... 他の記事について触れているはてな村民の声を拾ってみました。

廃線を乗り切った鉄道会社の工夫

いすみ鉄道の房総中央鉄道館なんて、鉄道オタクじゃないけど、見てみたいって思ったもの。 利用者が少なければ増やす取り組みすればいいんだねって思った。それが出来ない、あるいはする情熱がない線路は廃止した方が全体の利益になる。

存続の危機を戦う『いすみ鉄道』と鉄道コレクションが溢れる『房総中央鉄道館』 - Try Something New

千葉県いすみ市にあるいすみ鉄道株式会社は、千葉県夷隅郡大多喜町に本社があります。日本国有鉄道(国鉄)特定地方交通線の一つだった木原線を引き継いだ鉄道路線いすみ線を運営している会社です。

房総中央鉄道館
 昭和初期から運行した国鉄木原線や外房線などの行き先方向板や、鉄道模型の大きなジオラマが展示されています。
 その数、1,000点以上 鉄道が好きな人は一日中遊べる街なんじゃないかなと思います。ぜひ一度足を運んでみてください。

銚子電鉄の濡れ煎餅も全国区になったしね。結局は民間企業だから努力次第なんだろうね。

「敗北宣言」が呼び込んだ奇跡の復活:日経ビジネスオンライン

「ぬれせんべい」を販売して廃線をまぬがれたローカル鉄道がある――2006年11月からテレビや新聞で繰り返し紹介された「銚子電鉄」は、自社で販売するぬれせんべいの購入を呼びかけ、その売り上げを車両の検査などの安全対策費用にあて、窮地をしのぎました。この、現代のおとぎ話のような復活劇の陰には、インターネットによる情報発信の力があります。

これは10年前の記事なんだけど、はてな村民の声を見ていると楽しいね😊😊


id:kkbt2
リンク
偶然や好意をは計算に入らないので現状ビジネスとは呼ばないのだけど、この事例を活かしてスキーム化しようとする人とか出てくるんだろうか。善し悪しは別として、無理じゃないだろうか。

id:hatayasan
リンク
濡れせんべいがWebで流行ったきっかけは一社員の書き込みという逸話/情報発信は有効だろうがこの事例を普遍化するのはどうなんだろう。

id:toriaezu
リンク
泣ける話だなあ。/あと、メディアは「2ちゃんねる」のネガティブな部分を強烈にプッシュしてくるけど、こういったポジティブな側面を取り上げた例って他にあるんだろうか。あまり見かけない気がする。

id:abibaba
リンク
「銚子電鉄は、収益の3分の2以上を「ぬれせんべい」を始めとする地元の名産品やグッズの売り上げに頼っています。」